僕は高校からヨットを始めました。最初はなんとなく行ったヨット部の試乗会でのトラッピーズが楽しかったからでした。ですがその後、レースで前を走る楽しさ、負ける悔しさ、ヨットの奥深さを知りヨットにどんどんはまっていきました。結局僕は高校ではインターハイには出場できませんでした。それもあってか不完全燃焼で大学でもヨットをしたいと思っていました。

 

僕が高校1年生の時に高校ヨット部の活動場所でもあった小戸でインカレの団体戦があり、そこで目撃した早稲田大学の優勝した時の光景がとても印象に残っています。僕もその歓喜の輪の中に入ってみたいと思い、ヨットの強豪校へ進みたいという気持ちを持ちました。一方で、国公立大学に進もうとも考えており、それを両立できる大学を探していました。そして地元の九州大学が国公立大学の中で一番強いことを知り、様々なことを考慮した結果、九州大学を受験することを決めました。そして浪人はしたのですが無事合格することができ、今に至ります。

 

  九州大学のヨット部にはヨットが好きで熱く貪欲な人がたくさんいます!その人達と共に考え切磋琢磨できます!ヨットが上手くなるための環境は充分にそろっています!ヨットへの貪欲さシビアさは高校の時とは全然違います!

 

  入部してもうすぐ1年になります。1年前、九州大学ヨット部を選んだ自分の選択は間違ってなかったと思います。あなたも熱く充実した4年間を九州大学ヨット部で過ごしてみませんか?